なぜ『ココロモニター』を選ぶ?:従業員意識調査とストレスチェックを同時に実施

貴社への導入をご検討の際はこちらへ

貴社への導入をご検討の際はこちらへ

Why?Kokoro Monitor

なぜ『ココロモニター』を選ぶ?

新感覚のサービス

1年に1回必ずストレスチェックを行わなければならない。
毎年ストレスチェックを実施するにあたり、あまりメリットを感じられない企業様も多いと思います。
どうせならストレスチェックの枠を使って従業員意識調査も実施してしまいましょう!
という発想の元に生まれた「ココロモニター」です。

単なるコストから有益な投資に変えましょう

比較1:従業員意識調査とストレスチェックを一緒にやると、こんなにお得!

意識調査とストレスチェックを別々に実施
  • 離職防止の効果
    ストレスチェックはあまり意味がなく従業員意識調査の効果のみ。メンタルヘルスへのアプローチが難しく、メンタル不調からの離職への対応ができない。
  • 従業員1人あたりの費用
    5,000円以上(2つ合わせて)
  • 人事の手間
    2回行うため、2倍かかる
  • 従業員の手間
    2回行うため、2倍かかる
  • その他
    メンタルヘルスと離職、従業員満足度を別々に取り扱うため、施策がちぐはぐで効果的にアプローチできない
『ココロモニター』
  • 離職防止の効果
    離職のリスク要因の大部分を網羅しており、改善施策も有しているためとても効果的。
  • 1人あたりの費用
    Web:2,500円、紙:3,000円、英語対応可
    この金額でストレスチェックと意識調査の2つを同時に行うことができます。
  • 人事の手間
    1回分の手間で2つ実施できるため楽
  • 従業員の手間
    1回分の手間で2つ実施できるため楽
  • その他
    組織の中のココロを一括で見るため、その後の離職対策もシンプルに可能となる。

比較2:ストレスチェック単体として実施

一般的なストレスチェック
  • 離職防止の効果
    ほぼ無い
  • 従業員1人あたりの費用
    500円~2,000円
  • 実施者
    安いチェックの場合、実施者にならないケースもあるため、コストが追加でかかる場合がある。
  • チェックのフォーカス
    ネガティブ要因にフォーカスしがちで、余計な不安をあおりやすい。厚労省の基準をそのまま使うため、過度に高ストレス者を拾い上げてしまう可能性がある。
  • 集団分析
    追加料金が発生する場合もあり
  • 面談・不調者対応
    メンタルの専門家が作っている場合には対応できる場合もあるが、たいていは不調者対応はできない。
  • 情報保持費用
    追加料金が発生する場合もあり
  • 労基署への報告書作成サポート
    追加料金が発生する場合もあり
『ココロモニター』
  • 離職防止の効果
    メンタルヘルス+組織のココロ分析を行うことで確実に分析・アプローチができる。
  • 従業員1人あたりの費用
    Web:2,500円、紙:3,000円、英語対応可
  • 実施者
    エリクシアが実施者になるため余計なコストはかからない。
  • チェックのフォーカス
    現状を改善するためにはどうすればいいのか、にフォーカスをあてている。不要な不安をあおらないように考慮している。 足りていない要素をいかに足すか、どのように足せばいいかをアドバイスするプラス発想。
  • 集団分析
    基本料金に含まれている、英語対応可
  • 面談・不調者対応
    産業医としての実績をたくさん有しており、医療や心理を用いた高品質な面談や不調者対応指南も可能。(産業医契約をしている企業様のみ対象)
  • 情報保持費用
    基本料金に含まれている、5年間保存
  • 労基署への報告書作成サポート
    基本料金に含まれている(産業医契約をしている企業様のみ対象)

比較3:従業員意識調査単体として実施

一般的な従業員意識調査
  • 離職防止の効果
    細かい結果は得られるが、データ量に埋もれてしまい、その後の施策につながらないことが多い。
    メンタル不調の分析理論がないため、離職原因を網羅できない。
  • 従業員1人あたりの費用
    2,000円~5,000円
  • 情報源
    アンケートのみ
  • スタンス
    データを分析することだけが目的となっているケースが多い。そのため具体的な改善策につながらないケースが多い。
  • メンタルヘルスへのアプローチ
    ほぼ無い
『ココロモニター』
  • 離職防止の効果
    本当に必要なデータをシンプルに出し、離職防止策についても具体的に提示ができる。 産業医やコンサルティングサービスを組み合わせることにより、データでは見えない生の声も取り入れ より現実的な改善に近づくことが可能となる。(弊社他サービス併用時)
  • 従業員1人あたりの費用
    Web:2,500円、紙:3,000円、英語対応可
  • 情報源
    アンケート、人事担当者、産業医面談対象者(弊社他サービス併用時)
  • スタンス
    データ分析+コンサルティング。コンサルティングの実績が豊富で、数々の離職ケースを取り扱ってきた経験を生かしている。
  • メンタルヘルスへのアプローチ
    産業医としての実績も多く、メンタルヘルスへの対応力は抜群。

離職対策をロジカルに組み立てることができるツール